カジノのいかさま

Since Nov '98

ブラックジャックに関するカジノ側の代表的なイカサマ方法. ラスベガス等ではカジノのイカサマを気にする必要はほとんど無いが,一般教 養として覚えていても損はしないだろう.


デック

ブラックジャックのゲームでは,デック中の10カードやエースの割合がプレイ ヤーの勝率に大きく影響する.つまり,この割合が少ないほどカジノに有利と なる.この状態を作り出すためのイカサマとして,いくつかの方法がある.

10カード率の例として,Spanish 21がある.これは,ブラックジャックの変種であるが,いろいろなプレイ ヤーに有利なオプションがある.しかし,カードの10が最初から取り除かれて いて,トータルでは平均化されている.逆にいうと,これぐらいのオプション が無ければ,10カードが抜かれたデックでは勝負にならないのである.

ショートデック

デック中から10カードやエースを何枚か抜いたもの.方法としては,最初から 抜かれている場合や,プレイ中に10カードを抜く方法がある.

シャッフル

ブラックジャックの場合,デックの後半は実際のプレイには使われない.従っ て,うまくシャッフルして,10カードやエースをこの後半の部分に固まるよう にする.この時には,ディーラによるトラッキングやマーキングが使われる.

カード拾い

5や6のようなプレイヤーに不利なカードがゲームに使われた時に,そのカード を捨てないで,元のデックに戻してしまう方法.この場合,ゲームに使われる 不利なカードを増やすことになる.

ディーリング

セカンドディール

カードをデックから引く時に,トップカードではなく上から二枚目のカードを 配ること(セカンドディール)は,イカサマ・ディーリングの基本技術である. 比較的簡単に習得出来る技術であるが,プレイヤーが見分けることは困難であ る.一つの方法は,トップカードを親指で少しずらして,顔を出したセカンド カードの先頭に指をかけてディールする.これを高速に行なうと人間の目では 識別できないと言われている.

マーキング

マーキングの方法としては,いくつかの方法がある.

封を開ける前における方法としては,紫外線を当てて変色させたり,ワックス を塗って手触りを変えたり,ヤスリをかけたり,ミリ以下の単位でカードを削っ たりする(この場合シャッフルにより,マーキングされたカードだけを固める 等の操作が可能になる).

また,封を開けた後からでも,爪,指輪,口紅などで印をつけたり,カードを 曲がりを意図的に作ることで可能である.

10カード

ブラックジャックの場合,次のカードが10カードかそれ以外かが勝負に大きく 影響する.例えば,11でダブルダウンした時などは顕著である.プレイヤーが ブラックジャックで収益を上げるにはダブルダウンが重要であり,逆にカジノ にとっては,この手を潰すかどうかにより収益が大きく違ってくる.

そのため,マーキングやカードの覗き見により10カードを識別出来るようにす る.そして,プレイヤーが10カードを望んでいる状態で,トップカードが10カー ドであれば,セカンドディールにより二枚目をプレイヤーに配る.この場合, 二枚目も10カードである可能性があるが,100%確実なトップカードを配るより はカジノに有利である.

逆に,最初のディーリング(ディラーとプレイヤーに二枚ずつカードを配る時) にディーラに配られるカードが10カード以外であれば,セカンドディールして ディーラに10カードが配られる可能性を大きくする.

エース

前の例では,ここぞという時だけにセカンドディールを行なった.逆に,定常 的にセカンドディールをすることにより,重要なカードをトップカードに置き 続け,必要な時に配ることが可能になる.つまり,ディールの途中でトップカー ドがエースになった時に,そのエースはディールせず,それ以降をセカンドディー ルする.そして,自分(ディーラ)の手にエースを配るのである.

アップカード選択

マーキングにより10カードを識別して,10カードの方をディラーのフェイスアッ プにする(通常のゲームでは,最初にディーラに配られたカードがフェイスアッ プカードとなる).

これは,ディラーの不利さを隠すために行われる.つまり,ディラーの持つ二 枚のカードのうち一枚はフェイスアップされるが,この時に10カードをフェイ スアップにした方がカジノには有利になる.例えば,ディラーが10と6を持つ 場合(カジノに不利な状況),6を見せてしまうと,プレイヤーはダブルダウ ンしたりステイして,ディラーの不利な状況を最大限に活用されてしまう.し かし,10を見せると,プレイヤーはヒットしバーストする可能性が高 くなる.また,ダブルダウンも少なくなる.これにより,カジノに不利な状況 をカバーするのである.


さくら

サードベースにカジノ側のさくらを座らせ,ディーラにディールされるカード をコントロールする.そのために,ディラーはサードベースだけに見えるよう に,ディーラのホールカードやデックのトップカードをディールする.そして, さくらはディーラが有利になるようにヒット,ステイをする.この時,さくら のプレイは常識はずれになるので,初心者を装った女性や若者が望ましい.

参考文献


Last modified: Sat Nov 27 02:44:03 JST 1999

LinkExchange Japan
LinkExchange Japan Member